logo台湾の夜遊び事情|台湾調査専門の探偵社

総合探偵社トラストジャパン

台湾の探偵調査はお任せください。

台湾 豆知識

弊社は台湾での調査を専門としています。

台湾の夜遊び事情

林森北路

スナックや、日本のお店などがたくさんあります。林森北路は言わずと知れた台北の夜の社交場。でもここは、日本語を話す人が多数います。小姐と話には何も困りません。また.初めて台湾にきた人がもてる傾向があります。スナックでは、駐在員よりは日本から来た人のほうが、もてるようで出張で来た人は、けっこうお金を落としていってくれるとの話をよく聞きます。
台北の林森北路などの飲み屋街は、日曜日でも営業しています。日曜日は、お昼はお客さんとデートや食事をして、そのままお店に同伴出勤するパターンが多いらしいです。林森北路で早い時間に八條通や九條通を通ると、スナックやパブのお店前で小姐が2人くらいで立っている光景が見られます。スナックでは、店の女の子は頻繁にテーブルを変わります。
そのため、テーブルには、お客の名前が紙に書かれています。新しい女の子が席につくと、まずその紙をみて、お客の名前を確かめます。
林森北路

六條通り

六條通り界隈には、レストラン、飲み屋が多く軒を連ねます。
飲み屋は、表からはクラブやスナックの赴きの店が多く、その有様も日本の雰囲気にそっくりです。
お店に入ると、日本語の上手なママさんがシステム、料金体系を丁寧に説明してくれます。
店内は日本で言うスナック、キャバクラのつくりでカラオケも歌えるようになっています。
店内のお客さんは、台湾駐在や出張で来た様な日本人客が大半を占めます。

夜の街で働く 小姐

台湾の初任給は約7-8万円。その割には、日本同様、住宅費、アパートにかかるコスト率が非常に高いです。従って、夜のバイトも必要です。父親が長期入院の後、世を去った。
借金がある。昼間はもちろん働いているが、借金返済のため、夜のバイトが必要などと言い騙されないように気をつけましょう。
夜の街で働く 小姐

台湾 売春事情

1980年代に日本人男性が海外買春ツアーを組んで押し寄せていた台湾が、約10年ぶりの「売春合法化」に舵を切りました。
台湾の立法院(国会に相当)は売春について規定している社会秩序保護法の改正案を可決し、即日施行。これにより、自治体が希望すれば「売春特区」(正式名称は「性工作専区」)を設けることができるようになった。いわゆる赤線地帯の復活であります。
もともと台湾では、日本統治下の公娼制度を受け継ぎ、戦後も台北の「華西街」などの巨大赤線地帯が繁栄、全土で数千人の公娼が働いていたが1994年に台北市長に就任し、台北市の浄化運動を展開しました。
2001年に台北市の赤線地帯が消滅し、全国にも波及した。現在、内政部(内務省)の許可を受けた売春宿は台湾全土で11軒、計49人の公娼がいるだけでした。
台湾 売春事情