logo台湾の通信事情|台湾調査専門の探偵社

総合探偵社トラストジャパン

台湾の探偵調査はお任せください。

台湾 豆知識

弊社は台湾での調査を専門としています。

台湾の通信事情

インターネット事情

台湾のネット事情といえば、まず台湾人のインターネットの使用状況を紹介しなければならない。実はパソコンやゲーム機に長時間向き合っていることは、台湾では普通の状況とも言えよう。日本みたいな「オタク」(中国語:宅zhái)という言い方もあるが、それは重度依存症を指す。また、パソコンの使用頻度も日本より高く、学生のみならず、通常の家庭でも少なくとも1台は持っている。
インターネット事情

携帯電話加入者数及び普及率.・固定通信事業者の市場

外国人に関しては、台湾人の保証人が居ない限り、月契約の携帯電話は購入できません。
大部分の留学生はプリペイド式の携帯電話を使っています。
基本考え方としては、各キャリアでSIMカードを買う事=契約つまり、プリペイド用のSIMカードを購入します。
プリペイド=先払いなので、コンビになので各キャリアの先払いカードを購入します。
その番号を、キャリアの専用電話番号に電話して入力すれば、チャージすることができます。
また日本と同じで2年縛り方式もあますが、縛り&月額が高いプランにすれば携帯電話本体が安く購入できます。日本で各キャリア毎、携帯電話本体が違いますが、台湾は各キャリアで同じ携帯を売っています。
また、台湾では普通に白ロムが買えます。契約無しで携帯本体だけ買えると言う事。
もちろん白ロム(空機)は契約しない分割引が無いので、割高ですが、日本みたいに高くはないです。
また台湾の携帯会社は中華電信、台湾モバイル及び遠傳電信の3事業者によって提供されています。2010年7月末現在、各社の加入者数割合はそれぞれ49.7%、25.7%、及び24.6%となっています。
3Gサービスは、中華電信、台湾モバイル、遠傳電信のほか、威寶電信、亜太電信も提供しています。2010年7月末現在の加入者総数は1,755万2,243で、前年同期に比べて約25%の増加となり普及率は75.9%に達しています。
また、固定通信事業者の市場では中華電信、台湾固網、亜太電信、及び新世紀資通の4社が市内電話サービスを提供しています。
2009年末現在、中華電信が依然として市内通信の支配的事業者であり、市内電話の売上高シェアでは97%以上を確保しています。
携帯電話加入者数及び普及率.・固定通信事業者の市場